ごはん考

炊飯器なしの生活に突入して約2ヶ月。
その後の我が家のごはん事情についてです。(以前の記事→炊飯器を買わない

圧力鍋でしばらくは炊いていたのですが
どうにもモチモチしすぎてかないませんでした。
炊きたてはまあまあ美味しいのですが、冷めると硬くなってしまいます。
それに何だか色が白くない。

なんでー!?、と圧力鍋での炊き方を調べまくりました。
そしていろいろ調べた結果、圧力が高過ぎるとグレーになってしまうらしいことを知りました。

コレは痛かった。
ご飯は白くないと、やっぱり悲しいです。
そこで低圧でやってみたり時間を工夫したり、あれこれしましたがダメ。
そうやっていろいろ試してみるうちにだんだん意地になってきて、
なんとしても美味しく炊いてやる!!と本気モードになってきました。

そして、自分にはないと思っていたごはんへのこだわりが、実は結構有るんだなということもしみじみ実感。

        • +

もう圧力鍋はあきらめて、違う鍋で試してみることにしました。
またまた、めちゃくちゃ調べまくって、結局
野田琺瑯さんのKAMADOを買うことに。

q069.jpg

↑コレです。野田琺瑯

「ごはんなべ」って、ガスコンロだったら結構種類あったんですけど、
ウチはIHなので、IHでも使えて絶対に美味しく炊ける鍋が欲しかったんです。
ルクルーゼやストウブなどでも美味しく炊けるみたいですが、
ごはんは毎日食べるから、鍋を買ったら多分ごはん専用になるので、
だったらご飯用に開発されたモノのほうが確実かと。

で、で、炊いてみた感想はというと、
「ふむ」でした。
最初は。

なんていうか、感動するほどじゃないなあ、という感じ。
うーむこれは、鍋のせいではなさそうです。
そこからまた、「美味しいご飯の炊き方」などで検索して調べまくって、
お米の研ぎ方とか浸水時間のこととかいろいろ試して、
炊く時間や水の量も工夫してみて、
ついについに、私の納得するごはんが炊けるようになりました!!

やっぱりお鍋のせいじゃなかった~。
浸水時間がね、足りなかったようです。
私はすこし柔らかめが好きなので、少し浸水時間多めに。
そして水も多め。

最近、夜のうちにお米を洗って浸水しておいて朝炊いたりするのですが、
浸水し過ぎもよくないかもなと感じています。
新米かどうかでも違うみたい。
まだまだ、発展途上です。
ちなみに、毎回炊くのはめんどうなので、4合くらい一度に炊いて、
冷凍するか、または「おひつ」に入れています。(→フェリシモのおひつ

        • +

炊飯器なしでも、全然大丈夫です。
手間かな? と心配していましたがそんなことなかったし、
炊ける様子を感じられて楽しい(^^)

今回いろいろ試したことでかなり勉強になりました。
外食するときには、出てきたごはんを観察する癖もついちゃいました…。
美味しいお店は、必ずごはんが美味しいです。
「美味しいごはん」への道はまだまだ続きますが、
KAMADOさんのおかげで、今のところは美味しいごはんを頂いています(^^)v

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>