無印の2段ベッド

子供部屋の2段ベッド、お気に入りです。
分けて並べることもできるのですが、今は2段で使っています。

DSC04375

最初は怖がったり、下の段で寝ていて落ちちゃったりしましたが、
もう最近は慣れたみたい。
長女は上の段で、本を読んでから寝るので枕元にいつも本が散乱しています…。
次女は下の段です。

お友達が家に遊びに来ると、わあーいいなあー、と言われます。
子供にとっては、2段ベッドはあこがれ、ですよね。
私もそうでした。

メリットとしては、以下2つ。
・子供が喜ぶ
・省スペース

デメリットは、今はそんなに感じていませんが、
やはり「はしご」を使うのでちょっと危ないこと、でしょうか。
娘達はすぐ慣れましたが、チアキが危ないのです。
一人では登れないくせにすぐ「はしご」を登ってしまいます。
いつもは私か姉達が後ろから支えて、上についたら私が抱っこして降ろすようにしていまずが、これが面倒で…。
まあそれも、あと数年すれば一人で登れるようになるとは思いますが。

あとは、横に並べるのと違って寝る時は本当に一人なので、寂しがることがあります。
長女は平気みたいですが、次女は時々寂しがって、1Fの寝室に来ることがあります。

それと、これはウチに限ったことですが、
わが家の子供部屋は左右対称で、将来真ん中で分けられるようにと工夫してあります。
コンセントの位置、窓など、全て左右対称です。
そして、長女側は青、次女側は赤 の壁紙に。
かっこ良く仕上がった、と満足していました。

でもピアノとベッドを置いてみたら一つの部屋になっちゃった…。
↓ これは、ベッドの反対側。ピアノがでーんと置かれています。

wpid-fotor_141333462451030.jpg

大きくなったら同じ部屋が嫌、って言われちゃうかなあ。
私は一人っ子なので、同じ部屋を姉妹で共有できること、いいなあって思うのですが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>